コンテンツへスキップ

留学生上級クラスで、読む本!

今、話題の本を読もうというものなのですが、

一番人気は……?

やはり?

妻のトリセツ

でした。

「女性の考え方が知りたいから」

という男子留学生もいました(^_-)

こんばんは、親子のための日本語レッスン、ことばサロンTSUMUGIです。



先週、外国籍の子どもたち1.9万人が不就学の可能性があるという発表がありました。


不就学調査を行うことが春に発表されていたので、その結果がとても気になっていました。

教育を受ける権利。
様々な理由で日本で暮らす子どもたちに、教育を届けたいと、私も心から思っています。
外国籍の子どもたちが、教育を受けられないとどうなるか・・・・。
それは、日本社会全体に取って問題になるとも思います。


これから、ますます日本語教師のパワーが活かされていくはず!


日本語教育推進法が施行され、また、日本語教師に国家資格が与えられるかどうかの話し合いもされている今、 私が実はとてもまじめに取り組んでいることの一つ。

日本語教師とは何をする人なのか、を知らない人に知ってもらうこと。

日本語を教師という職業を知ってもらうことで、困っている人たちの存在も知ってもらいたい。

どうしたら伝わるかな、そのアイデアたちをノートに書きなぐる週末でした。

本来の日本語を教えるという仕事と並行して、これを形にして、10/27のながさき国際協力・交流フェスティバルをはじめ、秋・冬と、いろいろな媒体でお伝えしていく予定です。

また新しい一週間が始まりますね!

リフレッシュして、また進みましょう。

こんにちは、親子のための日本語レッスン、ことばサロンTSUMUGI 和田一菜です。


さてさて、本日(2019年9月27日)、読売新聞長崎版の記事にTSUMUGIのことを取り上げていただきました。


改正入管法から半年、長崎県内での動きのひとつとして、TSUMUGIの日本語支援事業を取材に来てくださったのは先週のこと。約一時間にわたり、熱心に話を聞いてくださり、このような県内の動向の一部としてまとめていただき、とても嬉しいです。

今年4月、入管法が改正され、

「特定技能」という在留資格での外国人材の受け入れ

が始まり、長崎県内でも特定技能の在留資格が取得されはじめています。

特定技能1号の場合、受け入れ機関/登録支援機関が行う支援の一つに、

「生活のための日本語習得」

があります。

また、特定技能2号の場合、基準を満たせば、

家族(配偶者や子ども)の帯同

が認められ、

日本に永住

という道も開かれることになります。2号の場合、受け入れ機関等の支援はありませんが、日本で、家族で生活していく場合、日本語を身につけることは必要になると思われます。

さらに、今年6月には、

日本語教育に関する推進法

が施行されました。これによって、国・自治体・企業に、日本語教育に取り組む「責務」が定められました。

これらのハード面の動きは非常に大きいものです。
日本語教師・日本語教育の業界でも2019年は非常に大きな転換期でもありますす。

ハード面ばかり整えても・・・という意見もあるでしょうが、ハード面から整えることで進めやすくなる部分もあると!

みんなで手を取り合って、これから日本に迎える方たち、大人も子どもも、日本人も、みんなが安心できる暮らしのために、TSUMUGIは日本語支援を進めてまいります。

*****************

~ 外国人を雇用する企業様からの日本語支援のご相談もお待ちしています~

TSUMUGIの詳しい情報はホームページへ!
SNSもぜひフォローお願いします♪♪

HP   ➡ https://www.kotoba-tsumugi.com
Facebook➡ https://www.facebook.com/tsumugi.kotoba/
Instagram➡ @kotoba_salon_tsumugi

 

こんにちは、親子のための日本語レッスン、ことばサロンTSUMUGIです。

朝はホットコーヒー、午後はアイスコーヒー。
10月を目の前に、寒暖差が激しいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
... "ことばサロンTSUMUGI に込めたもの" を続けて読む

こんばんは、親子のための日本語レッスン、ことばサロンTSUMUGIです。

今日は祝日でしたが、大学は授業日でした。1コマめを終えると廊下に学生が。

「せんせーーい、すみません。授業をやすんでしまいました😞」

「あらー、どうしましたか?」

と尋ねると、

「今日は赤い日ですから、授業はないと、忘れてしまいましたーー」

赤い日!

わかりますか?

カレンダーでいう赤い日、祝日のことでした(*^^*)

こんばんは。親子のための日本語レッスン!ことばサロンTSUMUGIです。

ラグビー、盛り上がってますね!

ただいま、南アフリカとニュージーランド戦、家族でテレビ観戦してます🏈 ニュージーランドは、私が初めて8ヶ月日本語を教えに行った地。

オールブラックスのハカは本当にカッコいい!

おはようございます。親子のための日本語レッスン、ことばサロンTSUMUGI和田です。

アイスが好物で、こんな時間からアイスをいただいてます。笑。
まだまだアイスがおいしい長崎より今日も発信します♪

さて、おとといのプロフェッショナル、昨夜のクロ現と、外国人関連の特集番組が続いています。

昨日事務所にいらっしゃったお客様とも、

「昨日の見ました??」

という感じで、ついつい熱くなってしまいました。

2晩続いた番組に共通して伝わったもの。
それは、

外国人や日本語のわからない人たちを迎える「わたしたち」こそ、今、考え直す時

ということ。

クロ現の中で、こんなコメントがあり、共感を覚えました。

「郷に入れば郷に従え」というのは入っていく側の心構えであって、迎える側のものではない。

これって、「共生」のファーストステップだと思います。

日本の移民統合政策指数 の低さについても言及されていて、その中に、

親の支援が足りない

という問題が。

TSUMUGIの中核である、親・保護者支援、精一杯取り組んでいきたいと思っています!

アイスもなくなったところで(笑)
エネルギー満タンで今日もお仕事進めます♪

では(^-^)

*****************
ホームページ、SNSもぜひご訪問・フォローお願いします♪♪
HP   ➡ https://www.kotoba-tsumugi.com
Facebook➡ https://www.facebook.com/tsumugi.kotoba/
Instagram➡ @kotoba_salon_tsumugi

おはようございます。親子のための日本語レッスン、ことばサロンTSUMUGIです。

日中はまだまだ暑い長崎ですが、朝から小学生を見送る時間はひんやりとしていました。もうすぐ秋ですね。

そんな朝からメールを開くと、8月まで日本語を教えていた学生さんから💓

帰国してからの近況報告をしてくれました。秋からもがんばりますと😌

お願い、相談事、お礼、お詫びなど、いろいろなメールをいただきますが、こういう一見何でもないメールは特に嬉しいです💓

どんなお返事を書こうかな♪

今日は緊張するお仕事もありますが、とてもよい1日なりそうです♪

こんにちは。
親子のための日本語レッスン ことばサロンTSUMUGIです。

ブログを読んでくださる方、HPを訪問してくださる方が増えており、とても嬉しく、ありがたく思っています。

さて、先週末は、県外で多文化についての勉強会に参加してきた私です。
世界的経営学者のホフステードが提唱している国民文化モデルについてでした。

というわけで、突然ですが、


「文化って何ですか?」と聞かれて、一言で答えるとしたら、あなたはどう答えますか?


私は、



「常識だと思っていること」と答えます。

例えば、

”上司や先輩と会うときに、待ち合わせの場所に遅くとも5分前に到着しておく”

という、考え方があるとします。

でも、


「5分前なんて遅すぎでしょ?」

「別に、少しぐらい遅れてもいいんじゃない?」


って方もいますよね。日本人同士でも。


この自分の常識と周囲が合わないとき、戸惑い、ストレス、怒りが湧いてきて、これがトラブルのきっかけになったりもしますね。

また、 外国の人に対して、
例えば、 こんなことを感じたこと、ありませんか?

○○人って、従順よね
□□人って、自分の意思がはっきりあるって感じ
△△人って、みんな優しい
××人って、大胆な行動するよね~
◇◇人って、せっかちだなあ
♡♡人って、なんだかいつも笑顔で幸せそう!

私自身、日々、日本で生まれ育っていない方と多く接します。
同じ国出身の別の方と、何十回も接するということももちろんありますが、
「○○人って・・・」という言葉には敏感になる私です。
自分の思いこみで、その人のことを誤解したくないので、これまで国民文化というものをあえて避けたいと思ってきました。

ステレオタイプを恐れる私が、このホフステードの国民文化のワークショップに参加して印象に残ったことがあります。


それは、ホフステードのモデルは、むしろそういった

「ステレオタイプを斬るもの」

だということでした。

ホフステードのモデルは、あてはめるツールではなく、連続的な指標であること。もちろん、国民文化とは異なる個人の価値観があることも全く否定されていません。
ただ、ホフステード自身の調査で、文化の傾向を支える6つの指標が示されたことは、数字で証明された事実。これは本当に面白かったです。
私自身の価値観は、実はニュージーランドの国民文化に近いという結果。そして、勉強会に参加された中に、日本人的価値観傾向に近い方はいらっしゃいませんでした!

やはり不思議!
こんなに一人一人違うのに、共通に流れているものがある。

良い悪いという問題ではなく、
人類レベルで、国レベルで、組織レベルで、
「常識のようなもの」が知らない間にプログラムされているということがとても不思議です。

個人的な価値観と国民文化を切り分けて突き止めることはどうやらできそうにありません。それは、これまで私が感じてきたことと同じでした。
でも、「どの国」というのは関係なく、目の前のその方の価値観の傾向を知るために、見方がまた一つ増えたと感じました。


人と人が分かりあ うことに、私自身もこれからも一生懸命考えていきます。

文化を超えてやってくる子どもたち、そして、親たち。

この街へ越してきたAさん、
今まで○○という国で過ごしてきたAさん、
そして、地球市民の一人としてのAさん、
Aさんと、もっと多角的に、包括的に関わっていきたい。

これからも、TSUMUGIでは、文化を越えて暮らす方の心や価値観も大切にした日本語支援をポリシーにしていきます。


では!!




******************************

幼稚園・保育園・学校・企業さまへ

♪親子のための日本語レッスン ご相談受付中です♪
日本語がわからなくて困っているお子さま・保護者さまを心を込めてサポートさせていただきます。

おはようございます。ことばサロンTSUMUGIです。

今日は、早朝🚌で福岡来ています♪

楽しみにしていた多文化モデルについての研修です。腹ごしらえして、たくさん勉強してきます😊

では。