コンテンツへスキップ

ながさき国際協力・交流フェスティバルへのご来場ありがとうございました。

おひさしぶりです。
親子のための日本語レッスン、ことばサロンTSUMUGI 和田一菜です。
やっとブログが書けました💦


去る10月27日(日)長崎県庁での第21回ながさき国際協力・交流フェスティバルに初出展させていただきました。


お天気もよく、多国籍なフードあり、音楽ありと楽しい雰囲気の中、あっという間の一日でした。

今回、TSUMUGIの出展テーマは

「日本語がわかる人もわからない人も楽しめるブース!」

です☺

その1、日本語を母語としている方向けには、「やさしい日本語」をご紹介♪



 今、話題の 「やさしい日本語」。
 ・なぜやさしい日本語が必要なのか
 ・やさしい日本語が普及することで、どんなメリットがあるのか
 ・どういうふうにやさしい日本語に言い変えるのか

 ご紹介したら、練習していただけるように、言い変えクイズもご用意しました。

ご来場の方より、

「伝えたいんだけど、なかなかやさしい日本語にできないんですよね」というお声もいただきました。
「例えば、『お問い合わせください。』とか『無料です。』などは、どう言えばいいですか?」などという、具体的なご質問もいただきました。


やさしい日本語はずいぶんと知られてきていることを嬉しく思うとともに、これからの共生社会に私たちができることをさらに模索しなくては!


その2、子どもたち向けに、学校のための日本語♪


 ひらがなやカタカナを使ってオリジナルの缶バッヂづくりを体験してもらいました。 国を問わず、小さなお子さま、時にはお父さまもご一緒に、楽しくご参加いただきました。


また、ひらがな・カタカナ、学校で使う日本語などをカードサイズの冊子に。
この準備は、時間もとてもかかりましたが、心をこめて作成し、ご来場のみなさんにお配りすることができました。
子どもさんだけではなく、海外から長崎へ来られたお父さん・お母さん・保護者のみなさんにとって役立つものとなったならうれしいです♪

もし、当日会場に行けなかったけど、この冊子がほしい!、日本語で困っているママに渡したい!、なんてお声があれば、HPの問い合わせフォームよりお気軽にご連絡くださいませ。


その3、年齢・国を問わず、誰でも参加できる寄せ書きボード♪


みんなで、自分の好きな日本語を書こう!
てことで、寄せ書きボードを作成しました。


朝は真っ白だったボードが、終了時刻には、書くスペースを探すのに迷っちゃうほどたくさんの言葉たちが。

ひらがな、漢字、カタカナ、ローマ字といろいろあるものの、ぜーんぶ日本語!



数えてみたら、

100個!

(なんと、ぴったり)


じんべさめ、SOKKA、ごはんなど・・・好きな言葉から、その人ともっと話して見たい気持ちになります☺
大切な日本語の言葉を、私たちと共有してくださったことが、とても嬉しかったです。ちなみに、和田の好きな日本語は、「勇気」です(*´艸`*)

たくさんの方に足を止めていただいて、

TSUMUGIの目指す共生社会が皆さまに少しでも伝わったなら、うれしいな💛

わたしのすきなにほんご ボードで 美和子さんと 記念撮影

ご参加くださったすべてのみなさま、本当に本当にありがとうございました!

*****************
日本語教室 ことばサロン TSUMUGI
~日本語がわからなくて困っている子ども、親・保護者をサポートします~

TSUMUGIの詳しい情報はホームページへ!
SNSもぜひフォローお願いします♪♪

ホームページ➡ https://www.kotoba-tsumugi.com
Facebook(最新情報ならここ)➡ https://www.facebook.com/tsumugi.kotoba/
Instagram(やさしい日本語で発信中)➡ @kotoba_salon_tsumugi

日本語レッスン・研修などのご相談・お問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です