コンテンツへスキップ

こんにちは。
親・保護者と子どものための日本語レッスン、ことばサロンTSUMUGIです。

今月は、中国からの親子の皆さまご一行をお迎えする一環で、

日中親子交流プログラム

の一部を担当させていただくことになりました。

日本で育った子ならきっと誰でも知っている

中国で育った子ならきっと誰でも知っている

そんな遊びを通して、

戸惑い

不安

恥ずかしさ

なども、感じつつも、

教え合ったり、

認め合ったり、

力を合わせたり。

そんな喜びを少しでも感じてもらえたらなあ。

さて、中国にはどんな遊びがあるのか?

自分で調べてもなかなか探せなかったのですが、
仕事でお世話になっている中国出身の方に、
中国の遊びを教えていただきました☺

その名も 老鷹捉小鶏 。


鷹と鶏。

母鶏が、鷹からひよこたちを守るよ~
中国からの子どもたちが、日本の子どもたちに
ルールを教えてくれる様子なんかも思い浮かべつつ、
準備をつづけます!

ではまた☺



*****************
日本語教室 ことばサロン TSUMUGI
~日本語がわからなくて困っている子ども、親・保護者をサポートします~

TSUMUGIの詳しい情報はホームページへ!

SNSもぜひフォローお願いします♪♪
★ホームページ➡ https://www.kotoba-tsumugi.com

★Facebook(最新情報ならここ)➡ https://www.facebook.com/tsumugi.kotoba/

★Instagram(やさしい日本語で発信中)➡ @kotoba_salon_tsumugi

日本語レッスン・研修などのご相談・お問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください♪

こんにちは。親・保護者のための日本語レッスン、ことばサロンTSUMUGIです。

今日は、年明け最初の小学校での支援の日でした。
今月、かなり立て込んでいて、なかなか小学校へ行けない日が続いていて、今日やっと。

授業前に到着すると、廊下に支援している児童の姿を発見。

「こんにちはー♪」

と、私が大きな声で児童を呼ぶと、これまでに見せたことのないほどの笑顔で、

「こんにちは(*'▽')!」

と挨拶してくれました。

それだけで、私まで「小学校へ来てよかった」と気分になります。

45分の授業、途中で集中力が切れかけることもありましたが、

「あと10分だけやってみよう?」

と声かけてみました。

クイズ形式で「数」の練習をしてみると。
面白がって、身を乗り出して取り組んでいました。

「約束の10分になりましたよ」

と声をかけると、

「もっとやる!」

と。

結局最後は児童自身が、先生役をしてクイズを出してくれて(どや顔で笑)、

授業時間をオーバーするまでがんばってくれました。

現場はこんなに都合よく、こちらの思い通りに「前進」ばかりではありません。

でも、

「もっとやりたい!」

という気持ちが伝わって、今日は私にとっても嬉しい45分でした。

後で聞いた話。
今月始まって、別の仕事の都合上、しばらく支援に行けずにいた私なのですが。

その児童さん、

3学期が始まってから、

「わだ先生は来ないの?」

と他の先生に尋ねていたそうです。
心配してくれたのかな?ありがとう(^-^)

今学期も明るく、楽しく、私自身も努めたいと思います。

こんにちは。親・保護者と子どものための日本語レッスン、
ことばサロンTSUMUGI 和田です。

大学の授業も冬休み明けて再開。
帰省や旅行など、休み明けの学生さんたちのお顔はいつもに増して明るく見えます。
たくさん充電したんだなー!
って、のが伝わってきます☺ 

さて、今月は、ありがたいことに国際交流イベントのご依頼をいただきました。

中国から小学生親子さんたちのツアーの一部として、交流イベントを企画させていただくことになりました。

テーマは、

言葉と文化。

異国の方と接していると、

言葉は必要ない!

とも、

とはいえやはり、言葉は必要!

とも、思う場面がありませんか?

限られた時間なのですが、
そんな二つのことに気づけるような、ワークショップを組んでみようかしら(*´艸`*)

では。

みなさま、あけましておめでとうございます。
親・保護者と子どものための日本語レッスン、
ことばサロンTSUMUGIの和田一菜です。

暮れのご挨拶もできないまま、今日を迎えてしまいました。
2019年は、みなさんにとってどんな一年でしたか?
そして、
2020年は、どのような一年にしましょう?!
それぞれのお正月を迎えられたことと思います。

私にとって2019年は、就職・結婚・出産に次ぐ、激動の一年でした。

なーんて、大げさに聞こえるかもしれませんが、本当に!

2019年一番の目標は、これでした↓↓↓


たくさんの人にTSUMUGIを知ってもらうこと。

HPやブログ、インスタなどを通して、日本語で困っている方がいることを知っていただくことができ、



絶対必要な事業だよね!

実は、知り合いがすごく困っていて・・・!

これから需要が増えてくるよね!

TSUMUGIのスタッフになりたい!

など、私の期待以上に、たくさんの声をかけていただくことができました。

また、新聞社や放送局からの取材依頼も、何社からもいただき、社会問題としての注目度の高さも改めて感じました。

本日より仕事初めのTSUMUGIです。
今年は、実際に困っている方にさらにたくさんお話をうかがって、
勉強しながら、みなさまのお役に立てることを進めてまいります。

2020年は、新たなステップへの企画も準備中です(*´艸`*)

本年もどうぞよろしくお願いします。

*****************
日本語教室 ことばサロン TSUMUGI
~日本語がわからなくて困っている子ども、親・保護者のために~

TSUMUGIの詳しい情報はホームページへ!

SNSもぜひフォローお願いします♪♪
★ホームページ➡ https://www.kotoba-tsumugi.com

★Facebook(最新情報ならここ)➡ https://www.facebook.com/tsumugi.kotoba/

★Instagram(やさしい日本語で日本語教師2人で発信中)➡ @kotoba_salon_tsumugi

日本語レッスン・研修などのご相談・お問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください♪

こんにちは。
子どもと親・保護者のための日本語レッスン、ことばサロンTSUMUGIです。

秋風が心地よい季節となりました。

先日の新聞掲載にも反響いただき、ありがとうございます!
TSUMUGIがやっていること、やりたい経緯がよくわかったよ、
なんてお声もいただいて、本当にうれしい気持ちです。

2019年も残すところ2か月を切りました。
年初にたてた「20分、週3走る」という今年の目標、
夏過ぎから守れていないことを横目に、いろいろな思いがありますが(笑)、
今週も元気にやってます☺

連休中、NHKの解説スタジアムで、外国人人材受け入れに伴う共生が特集されていました。ご覧になりましたか?

ライブで視聴者アンケートの集計などもありましたが、私にとって印象的だったのは、

Q.外国人を受け入れる場合 、特に大切だと思うことは、次のうちどれですか?

①生活面の支援
②仕事の待遇改善
③日本語教育
④日本人側の理解

というアンケートでした。

ブログをお読みのあなたなら、どれを選びますか?

結果は・・・












このようになりました。


「日本人側の理解」が一番多かったんです。

この結果、少し意外、でも嬉しい意外でした。

実際のところ、外国人受け入れにはいろいろな世論があります。

でも、このような形で、受け入れる側へ意識が向けられつつあることは、単純によいことに感じました。

それと、日本語教育の重要性も多くの方が認識されていること。

日本語がわかるに越したことはないけど・・・でも、。

という方もいらっしゃいます。

でも、

日本語を手に入れることで、
社会とのつながりが広がったり、
もっと楽しい方に向かえるかもしれない。


日本語が話せたら、
日本に大切な友達が増えるかも♪
茶道教室に通えるかも♪
子どもが熱を出しても、安心して病院へ連れていけるかも♪
保護者会の後、自分の子どもと仲良しの保護者と話せるかも♪
幼稚園・保育園や小学校からのお便りも連絡帳も安心して読めるかも♪


そして、


日本語がわかることで、日本で働く人だけでなく、家族みんな安心して楽しく暮らせそう♪

そんな、
安心とワクワクでいっぱいの共生のための日本語教育・日本語支援を
TSUMUGIは目指しています☺☺☺


日本で働く外国人・その家族の日本語サポート、お任せください♪

*****************
日本語教室 ことばサロン TSUMUGI
~日本語がわからなくて困っている子ども、親・保護者をサポートします~

TSUMUGIの詳しい情報はホームページへ!

SNSもぜひフォローお願いします♪♪
★ホームページ➡ https://www.kotoba-tsumugi.com

★Facebook(最新情報ならここ)➡ https://www.facebook.com/tsumugi.kotoba/

★Instagram(やさしい日本語で発信中)➡ @kotoba_salon_tsumugi

日本語レッスン・研修などのご相談・お問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください♪